妊娠初期,不眠症,対策

MENU

妊娠初期こそ、不眠症の薬は避けて!

妊娠初期は、まだ赤ちゃんの存在を体が完全に受け入れていないため、「異物」とみなして「つわり」が起こりますよね。

 

 

妊娠初期の不眠症の原因と対策とは?楽に眠るために

 

つわりは、人によって軽い・重いがことなるもので、重い人は、何も食べられない、何も飲めない場合やちょっと食べたらすぐに吐いてしまう…こんな症状がでますよね。

 

 

この「つわり症状」は妊娠初期の間は割とずっと続くので、昼夜関係なく、気持ち悪さや吐き気が襲ってきます。

 

 

それによって、思うように寝付けず、「妊娠初期」に不眠症になってしまう妊婦さんも少なくないようですね…。

 

 

ただ、妊娠初期は、胎児の重要な器官ができる時期なので、ほとんどの薬は飲まない方がベターなのです。

 

これは、不眠改善薬も同様で、眠れないから市販の薬に頼りたい気持ちも分かりますが、出来る限り避けた方がいいのです。

 

 

妊娠初期は、胎児の状態もかなり不安定なため、「マイナスに作用する可能性のある物」は絶対やめた方がよいです。

 

なぜなら、何もしなくても、赤ちゃんが安全にうまれてくるという保証はどこにもない上、誰もがすでに約3%程のリスクを背負って出産するのです。

 

 

それなのに、薬によってさらに、数%のリスクが増えると、障害などの危険性のリスクが上がってしまいかねないですからね…。

 

 

 

こういう不安材料はできるだけ作らないようにして、別のもっと安心できる方法で、不眠を改善するのがベストなんです。

 

私が見つけた方法は、妊娠初期の妊婦さんでも安心して不眠克服に向かえる方法で、実際に管理人の私も、4週間で難なく改善したという、本当にありがたい方法でした。

 

 

 

妊娠初期だと、思うように食べ物や飲み物が喉を通らず、栄養的な不安まで解消してくれる…

 


不眠を改善しながら栄養補給になる成分について⇒

 

関連ページ

妊娠とマイスリー
妊娠期不眠症は本当に辛いものです。不眠症の薬「マイスリー」の妊娠期の影響は赤ちゃんにあるのでしょうか?マイスリーを良く飲んでいるママさん必見です
市販の睡眠薬と妊娠授乳
妊娠期・産後・授乳期の不眠症は本当に辛いものです。不眠症の薬の影響は赤ちゃんにあるのでしょうか?また、市販の睡眠薬ドリエルは妊娠から授乳期は大丈夫なのかについてお話しています。
妊娠後期の不眠対策
妊娠後期の不眠症は辛いですよね…重いお腹・もうすぐ出産という不安…。でもいつ陣痛が来ていいように体力を回復させておくことは大切!妊娠後期の安心な不眠解消法とは?
不眠症の妊娠希望の方へ
不眠症で妊娠希望のママさんへ!マイスリーなどの睡眠導入剤や睡眠薬系は断薬すべきなのかについて、体験談から役立つ情報をお話しています。