マイスリー,妊娠,初期,影響

MENU

マイスリーは胎児への影響が他の不眠症薬に比べると少ないが…

本日は、不眠などでしんどい中で、
当サイトを見て下さってありがとうございます。

 

このページでは、管理人の強烈な不眠症の体験と
薬の不安から調べたことをまとめています。

 

 

このページを見て下さっているということは、
あなたも妊娠〜授乳期のママさんで、
マイスリーを飲んでいる方か、処方された方ではありませんか?

 

もしくは、不眠が辛くて、病院にかかろうかと
思われている方かもしれません。

 

どんな状態にせよ、不眠症のお薬って
妊娠や授乳で赤ちゃんに影響があるのか心配ですよね。

 

私自身が不安に駆られて、色々調べたことや
体験談があなたのお役に立てればうれしいです。

 

※マイスリーとは?
 「睡眠導入剤」の薬のことで、お医者さんで処方してもらえます。

 

 

さて、本題に入りますが、管理人もマイスリー服用者でした。

 

妊娠できてからもマイスリーがやめられなかった管理人の経緯

 

マイスリーがないと眠れませんでした。仕事での強いプレッシャーとストレスが長期的にかかり、精神的にも良くない状態になっていました。

 

「マイスリー」なしだと、夜はずっと頭の中がぐるぐる動いているというか、いらぬ考え事をずっとして、朝が来る毎日でした。

 

フラフラになりながら毎日仕事に向かい、日付が変わる頃まで、残務を自宅に帰ってからもこなしていました。そして、もう寝なきゃ!という頃になると眠れない…。

 

眠れない焦りの気持ちで余計に頭はさえ、徐々に朝日で窓の外が明るくなるころに
ようやく一瞬眠れたかな・・・という日々。

 

眠れたとしても、朝4時から6時前までの1〜2時間程度で体はフラフラの毎日でした。。

 

こんな状態でずっと過ごしておりました。子供(第二子)もほしかったのですが、不眠症による体力の消耗がきつすぎて、子供のことをちゃんと考えられないまま、ずるずると「薬」に頼りきった生活を続けていました。

 

上の子を出産してからもう長らく時がたっていましたので、出来たとしえtも、かなり年齢差のある兄弟になるという感じでした。

 

 

 

そんな時、奇跡的にできたのです…。待望の第二子が。

 

 

妊娠したし、マイスリーは何としてもやめなきゃいけない!でも仕事もいかなきゃいけない、眠らないと倒れてしまう…そんな状態で、飲まずに寝ることを毎日試してました。

 

でも妊娠初期の体のしんどさやだるさ、重さに加えて、仕事もMAXで忙しい時期でしたので、「マイスリーを飲まずには生きられない」という状況だったのです。

 

「マイスリーは大丈夫と聞くけど何かあったらどうしよう・・・やっと授かった第二子なのに。」こんな思いとは裏腹に、薬を飲むしかない日々がしばらく続きました。

 

もちろん、薬を半分に切って、さらに半分にして飲んで眠れるかな?と減薬を何度も試しました。
全く思うように眠れませんでしたけどね…。

 

 

でも・・・。何ヶ月もマイスリーを飲んで眠る毎日を送っていた私は、すでにこの頃にはマイスリーを飲まなければ眠れなくなっていたのです。

 

そう、完全な「睡眠薬の依存」です・・・。

 

 

そして、私が下した決断は「仕事はやめる」ことでした。
10年以上も頑張ってやってきた仕事を辞めました。
生活の不安はかなりありましたが、命には代えられません。

 

眠れない状態で、仕事をするのは赤ちゃんへも影響があるし、職場にも迷惑がかかりますからね。

 

 

実は、管理人は流産経験者です。
第一子を出産して、次にできた子は「妊娠3カ月」で残念ながら、天使となってしまいました。

 

 

この時は、私はかなり仕事もきつく妊娠2ヶ月目くらいから、毎日腹痛が続いていて…検診の翌日に出血が…。すぐに産婦人科に駆け込み、安静にしていたものの、出血はすぐに止まると思いきや、だらだらと続き、そのまま流産となってしまいました。

 

私にできることはなかったのか?あの時、もっと早く病院に行っておけばよかったのか、出血が続き始めた時すぐに、再度先生に相談すべきだったのか…。

 

この時期はまだ不眠ではなかったので、マイスリーなどは飲んでませんでしたが、後悔ばかりが押し寄せてきました。なくなってしまった命を取り戻すことはできません。

 

辛くて、悲しくて、毎日涙が止まらぬ日々を何週間も過ごしました。

 

 

もう、絶対、次にきてくれた赤ちゃんに「しんどい思いはさせない!」と心に決め、1年以上たったある日に、次の子を授かる事が出来ました。それが、まさかのマイスリー服用中の大変な時だったのです。

 

 

マイスリーは軽いお薬?でも本当は怖いお薬でした!

 

マイスリーは、デパスなどの薬に比べると、妊娠中でも病院では処方されるケースがあるもので、胎児や授乳期の子供への影響は比較的少ないといわれている薬です。

 

ただ、それは、「他の睡眠薬などのお薬と比較したら軽い」というだけで、その薬自体に副作用がないわけではありません。

 

私が妊娠期に苦戦した「依存との戦い」を思い返せば、「睡眠薬依存の恐ろしさ」は大きな問題点ではないかと思うのです。

 

マイスリーでも起こりうる依存と慣れ

 

マイスリーは「ベンゾジアゼピン系」ではありません。

 

※ベンゾジアゼピン系とは

長期間の使用は、有害な精神的、身体的影響に関する懸念のため議論がある。ベンゾジアゼピン系には耐性、身体依存、また長期間の使用の後に断薬した場合に離脱症状を生じさせる傾向があるために、有効性に対する疑問が増加している

引用元:ウィキペディア・ベンゾジアゼピン

 

うつや精神疾患の場合に処方される強いお薬。妊娠中のベンゾジアゼピン系のお薬は奇形が生じる確率は高くないものの、口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という口の一部に裂け目が出来る奇形発生する可能性もゼロではない。

 

マイスリーは上記の怖いお薬ではないですが、耐性と依存症はやはり感じました。

  • 耐性(薬に慣れてもっとたくさん飲まなきゃ眠れなくなること)
  • 依存性(薬に頼らなきゃ眠れなくなること)が起きる状態

 

ベンゾジアゼピン系のお薬程ではないということですが、大事なのは、「何かより弱いから」ということではなく、リスクはゼロにしなきゃいけないんです。

 

だって、この子のママなんだから・・・。
お腹の中で頑張っている我が子にとって、少しでも脅威になりうるものは、ちゃんと排除しなきゃいけないんです。

 

「命」なんて、いつ何が起こるかわからないんですよ…。

 

本当に万全に「大丈夫」な方法を選択しておかなければ、何かあった時、辛い思いをするのは、お子さんです。後悔するのは、ママさんのあなたです。ずっと自分を責め続けてしまうかもしれません。私のように・・・。

 

マイスリーはお医者さんの間でも「絶対に服用は良くない!」という先生もいれば、リスクは少ないから…と処方する先生がいます。

 

妊娠初期の私のように、ついつい飲んでしまったという最悪の選択をしてしまう前に、このページを読んで下さっているあなたは、今一度お腹の中の赤ちゃんと赤ちゃんの未来のことを考えてあげてほしいのです。

 

そして、
薬の力を過信せず、本当に安心な方法で、ママの体に重要な「睡眠」に導いてくれる方法を選ばれてほしいと、心から思います。

 

もちろん、薬で救われる部分もありますが、かならず「リスクがついてくる」ことも忘れてはならないと思うのです。

 

 

思い切って仕事を辞めてからは、長い時間を不眠に苦しみながら、私はマイスリーを使わず、なんとか無事に第二子を出産しました。

 

私の場合は、本当に初期の服用だったことと、マイスリーも半錠以上は飲まない様にしていたので、大きな影響がでなかったのかな、とホッとしました。

 

生まれたての我が子を見て、涙が出ました・・・。
無事に生まれてくれて本当によかった・・・と。
一人目の出産の時は泣かなかったのに。

 

 

出産後、苦悩の日々が再び始まる。強烈な不眠の再発

 

不眠との戦いは、産後・授乳中にまた再発し、その先長く続きました…。
このときは、妊娠中の数倍辛かったです。

 

なぜなら、赤ちゃんのためにお世話ができるのは私しかいなかったからです。
奇跡的に生まれてくれた第二子ですが、私も驚くほど眠らない子で寝かしつけは毎日苦戦し続けました。

 

 

そして何ヶ月も踏ん張ったある時、心から「安心できる不眠症を良い方向へ導いてくれるもの」と出会いました。

 

もっと早く出会えていれば…と思いますが、辛い不眠と闘って、体も心もボロボロになったからこそ、その方法の良さが、身に沁みるように分かりました。

 

 

1ヶ月で強烈な不眠から救われた体験談⇒

 

妊娠中でも安心な方法でした♪

 

 

関連ページ

市販の睡眠薬と妊娠授乳
妊娠期・産後・授乳期の不眠症は本当に辛いものです。不眠症の薬の影響は赤ちゃんにあるのでしょうか?また、市販の睡眠薬ドリエルは妊娠から授乳期は大丈夫なのかについてお話しています。
妊娠初期の不眠改善
妊娠初期のつわりもからんだ不眠症の対策とは?妊娠初期の大切な時期でも安心して不眠改善ができる方法も実践からお話しています。
妊娠後期の不眠対策
妊娠後期の不眠症は辛いですよね…重いお腹・もうすぐ出産という不安…。でもいつ陣痛が来ていいように体力を回復させておくことは大切!妊娠後期の安心な不眠解消法とは?
不眠症の妊娠希望の方へ
不眠症で妊娠希望のママさんへ!マイスリーなどの睡眠導入剤や睡眠薬系は断薬すべきなのかについて、体験談から役立つ情報をお話しています。