赤ちゃん 可愛いと思えない

MENU

産後赤ちゃんが可愛いと思えないママの対処法

赤ちゃんを産んでしばらくは可愛いと思っていたのに、だんだん赤ちゃんを可愛いと思えなくなってしまったというママさんは実は多いのです。ただ、可愛いと思えないだなんて、口にできないので、人にはなかなか打ち明けられずに、余計にママ自身が苦しんでいる…あなたもそのうちの1人ではありませんか?

 

 

本来はママの体内に分泌される「プロラクチン」という母性のホルモンの状態で、赤ちゃんを可愛い、お世話をしなきゃ^^という状態になるのですが、それ以上に女性ホルモンの分泌の急激な低下とそこからくる不安定さによって、体の状態も良くないし、精神的にも不安定な状態になりやすいわけです。

 

 

それが「産後うつ」と呼ばれるものでもあります。

 

本当は可愛いのに、育児の疲れやずっと泣く赤ちゃんの姿に精神的にまいってしまって、うつ状態に入っていってしまうわけです。なかなか自分では「産後うつの状態」に近づいているとは思えないものです。

 

ただ、うつ状態のまま放置していると、さらに赤ちゃんのお世話がおっくうになったり、無気力状態になってしまったりして、あまりよくありません。

 

 

通常産後うつは出産後3日から始まって2週間くらいでなくなるそうなのですが、管理人の調べでは産後3カ月4ヶ月くらいからひどくなるケースも多いように思います。管理人は産後5か月くらいから産後12か月以上イライラ、浮き沈み、自分を責める、周囲にあたってしまうなどの状態が長引きましたから…
産後うつが引き金となって育児ノイローゼのような状態に移行するケースもあるのです…。

 

 

この状態だと、精神的にも不安定なうえ、不眠も伴ってくるので、できるだけ早い対応が必要です。

 

精神科に行くのもよいですが…精神科に行ったところで、キツイ薬をもらうだけ、という苦い経験もあります。

 

 

ママが自分のために病院へ行く場合、小さな赤ちゃんを連れていくしかないんです。人ごみの中に小さな赤ちゃんを連れだすのは思いの他大変なんですよね…。体力もいります。赤ちゃんに外でおっぱいを飲ますのか、ミルクを飲ませるのか、それも考えて準備することも必要です。

 

正直、精神的にまいってる時になかなか一人で赤ちゃんを連れて病院に通うのは大変なことです。でも、こういう時に私が頼れたただ1つの方法があります^^これで私も大復活しましたから〜是非参考にされてみてください⇒

 

関連ページ

産後うつかも…
産後うつ状態は多くの女性にありうるものです。それが重い場合は、どうしても自分自身を攻めすぎたり、子育てに疲れ果ててしまうというような状態になりがち…。管理人の体験談を通して有効な方法についてもお話しています。
短期間でうつ状態脱出談!
産後うつからの精神不安状態が改善できた体験談をお話しています。抗うつ薬に頼らない方法なので、母乳育児も続行できました^^
育児が不安でたまらない
産後育児が不安で仕方ない、いつも焦ってしまう、家事をしながら赤ちゃんを育てて行けるのかとても不安、色々な悩みがありますよね・・。ここではママの不安な気分を変えるための簡単な方法をご紹介していきます。
急に涙がでちゃう…
産後急に涙が出てしまう時ってありますよね…。子育ての不安やイライラが産後ママの心に大きくのしかかりすぎて、涙となって出てきます。そんなときの気分を変える方法についてお話します。
不眠から”うつ”へ
産後の不眠症からうつになる場合ってある?産後うつや産後不眠症、不安感、イライラを改善する方法について、管理人の辛い体験談と共にお話しています。うつや不眠では抗うつ薬などが処方されますが、授乳の問題もありますよね。是非当サイトの解決策も参考にされてみてくださいね!