産後 不眠症 対策

MENU

睡眠ホルモンメラトニンの増やし方!育児・産後ママの不眠症対策

不眠症を改善する鍵を握っているのが「睡眠ホルモン メラトニン」です。

 

 

メラトニンは、私たちを自然な眠りに誘い、良い睡眠をもたらしてくれるホルモンです。メラトニンは、夜の間にたくさん分泌され、抗酸化作用で、私たちの細胞の新陳代謝を促進させてくれる働きもあります。

 

メラトニンは「光」によっても分泌が左右されるホルモンで、朝日を浴びると、たくさん分泌されていたメラトニンは分泌をストップさせ、良い目覚めに導きます。

 

 

最近では、夜のPC・TV・スマホの「光」によってメラトニンの分泌が低下し、思うように眠れないという方が増えています。特に産後ママは、夜の授乳で、どうしても電気をつけることが多いわけで、その光もメラトニン生成に関係しています。


 

しかし、一番強いのは、PCやスマホの光。これは、「朝日の光」と同じ種類の光線で、脳を覚醒させる作用があるので、特に不眠に悩む方は夜寝る前のスマホいじりは、やめておいた方がいいですね。

 

 

夜にゆっくり寝るためにはメラトニンが必要ですがが、メラトニンの合成には、脳内セロトニンがたっぷりあることが前提…。

 

しかし、産後不眠症&うつ症状の私には脳内セロトニンがかなり不足していた。だからうつ状態も発症しているわけで…。

 

セロトニンがなさ過ぎて、メラトニンが作れていない!だから、夜寝たくても眠りにつくことができない!というbadサイクルに陥っていたのです。しかし、

 

メラトニンを増やすために必要なこととは?

 

 

メラトニンを増やすためには、「セロトニン」という脳内物質をたくさん合成させる必要があります。なぜなら、メラトニンはセロトニンから作られるため、脳内物質セロトニンが減少している方は、メラトニンの分泌も少ないワケです。

 

 

ところが…。

 

 

産後ママ・育児ママはセロトニンがかなり減少傾向にある可能性が高い…

 

特に産後ママは女性ホルモンが急激に減少するということはこれまでに述べました。この女性ホルモンの減少は、セロトニン機能低下にも影響するので、産後は特にセロトニン不足になりやすいのです。

 

さらに、慣れない育児、子供のわがままや夜泣きへの対応、協力のえられない旦那へのいら立ちなどのストレスが、さらにそのセロトニンを使い果たしてしまい、夜に寝るころには、セロトニンは空っぽ状態…

 

これでは、睡眠ホルモンのメラトニンを作り出すことはできません!だから、産後や育児ママは不眠になりやすいのです。

 

 

 

それを解決するためには、「セロトニン」をいつでも作り出せる状態にもっていくこと!


 

いくつか方法があります。
ママさんがすぐにでも実践できるところからされていくとよいですよ!

 

脳内セロトニンを増やして産後不眠・うつを解消するには?⇒

 

辛すぎる不眠症をとにかく早く改善したい方は管理人の体験談も参考になると思います⇒

関連ページ

セロトニンを増やす方法
産後に不眠症を改善するために、脳内セロトニンを増やすことが出来れば、産後の不眠やうつも軽減することは可能です。実際管理人もこの方法ですっかり産後の不眠とうつが改善されましたから^^是非参考にされてみてくださいね!
1ヶ月で不眠解消(体験談)
マインドガードDXで産後不眠症を解消した管理人の体験談をお話しています。管理人の場合は、不眠症の期間が12ヶ月以上も続き、心身ともにボロボロの状態になっていたのですが、薬に頼らず1ヶ月で復活できた方法をご紹介します。