産後 不眠 ホルモン

MENU

産後の不眠の原因は女性ホルモンの急激低下!

不眠の原因にホルモンバランスが関係していたの?

 

 

女性は妊娠すると、急激に女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンというホルモンの分泌を増やし、体内で胎児を育てていきます。この2つのホルモンは妊娠を継続させ、胎児の成長には不可欠なホルモンです。特にプロゲステロンは…。

 

 

エストロゲンはなぜ重要なのか?といえば、出産した後に母乳がよく出るように「胸の乳腺」をどんどん発達させて、産後すぐに母乳を出せる準備を整えるためのホルモンでもあります。

 

 

しかし、赤ちゃんを出産した途端、この2つのホルモン分泌は急激に低下します。

 

 

すると、この女性ホルモンの大変動がきっかけとなり、私たちの睡眠や体内調整をしている「自律神経」のバランンまで乱してしまうわけです。女性ホルモンと自律神経は脳でコントロールされていますが、その指令を出す視床下部や下垂体が非常に影響し合うため、どちらかのバランスが崩れば、もう一方もバランスを崩してしまうという状態になりやすいのです。

 

 

 

ですので、産後の女性は自律神経が乱れて、交感神経ばかりが優位に立ってしまい、体を休めることができない状態になったりするわけです。本来は睡眠は副交感神経が優位に立ったときにリラックスでき、眠ることができるものなので。

 

 

ただ、女性ホルモンのバランスは産後すぐには戻すことは難しく、女性ホルモンをアップさせるサプリなどもありますが、産後すぐに使うべきではないと思います。なぜなら、女性ホルモンが低下しているのには、もう一つ理由があるからです。

 

 

産後に女性ホルモン分泌が低下した状態が続く理由

 

 

これは、プロラクチンというホルモンを出して、「母乳」を赤ちゃんに与えるためです。


プロラクチンが放出されているときは、母乳の出がよいのですが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えてくると、プロラクチン(母乳放出ホルモン)が分泌されなくなってしまいます。これでは、母乳育児ができませんので、産後半年くらいはエストロゲンの分泌も少なく、生理も来ないという状態がつづくわけです。

 

もちろん、産後にすぐに生理がくる人もいますが、一般的には上記のような状態です。

 

 

しかし、産後の不眠症は非常に辛く、すぐにでも改善したいものであることには変わりありません…。
管理人も相当不眠症で辛い思いをしましたが、対策をとらずに放置していると、精神的にも悪化していきましたので、できることなら早めに対処する方がよいでしょう。

 

 

産後の女性ホルモン変動はある程度は仕方のない部分で、ホルモンバランスが戻るのにも時間のかかることです。だからといって、「不眠状態」を放置するのは辛すぎること…。

 

ホルモンバランスと、自律神経のバランスは実はかなり密接な関係があり、自律神経が狂うと、不眠やうつなどの症状が出やすくもなります。また、自律神経が狂うと、女性ホルモンのバランスも崩れやすくなるという仕組みがあります。

 

 

ですので、自律神経のバランスを改善しながら、ホルモンバランスを戻していくのが一番いいですね。

 

 

夜の授乳などで、自律神経のバランスが整いにくい状態だからこそ、「休息成分」を上手に使われて、外から体の状態を整えてあげるというのは、非常に有効な方法でした。

 

 

管理人の体験談から↓
授乳ママでも薬を使わずに、不眠症と産後のうつ状態から復活した方法⇒

 

 

関連ページ

育児ストレスと不眠
育児ストレスと女性ホルモン低下と不眠の関係についてお話していきます。育児は大変ですが、なかなか旦那さんには理解してもらえない、協力してもらえずで困っていませんか?育児ストレスは女性ホルモンや不眠に大きく関係していますよ。
産後にセロトニンが減るワケ
産後にセロトニンが減少してしまうメカニズムについてお話しています。当サイト内では管理人の産後不眠・産後うつに関する対策体験談をお話しています。